ふにゃふにゃスタッドレスタイヤ

相棒の愛車ナディアの夏用タイヤをスタッドレスに交換して一週間が過ぎました。
毎年思うことはスタッドレスタイヤのふにゃふにゃ感は何とかなりませんか、と言うこと!
夏用タイヤに比べたら頼りないことこの上なく、柔らかい足回りが更に頼りなさを助長しています。
タイヤのサイドウォールの強度を上げてもう少ししっかりとした感じにして欲しいものですけど
夏用タイヤに比べて乾燥路でのグリップが劣ることから、ブレーキの効きは甘くなり、コーナリングも
限界が低くなり、ウエット路面でも性能が劣るとなれば、剛性を上げてしっかりした接地感にすると
ユーザーはスピードを出し過ぎてしまい危険なのかもしれません。
「夏用タイヤの様には走れませんよ」とインフォメーションするにはふにゃふにゃ感が必要なのでしょう。
今朝は昨日の雨で路面が凍り鬼怒川に掛かる橋は黒光りしていました。
北関東道や東北道では路面凍結による事故があったようです。
愛車にはスタッドレスタイヤを準備していないので、これからはチャレンジングな冬になりそうです。

この記事へのコメント

  • ベル

    私もスタッドレスには馴染まなくて・・。
    高速道路でいつものようにSAに入ろうとした時
    派手にタイヤを鳴らして走行してしまい
    同乗者は冷や汗をかいていたことがあります。
    いつもより丁寧な運転を心がけないとだめですね(反省)
    2008年12月15日 23:33
  • まだか

    ベルさんへ
    そうなんですよねぇ。
    頭では分かっていても動作がついてこないのです。
    愛車の感覚でコーナリングしようものなら、そのまま
    ガードレールとお友達になりそうです。

    宇都宮ではスタッドレスがなくても過ごせそう・・・
    なんだけど有った方が安心!そんな感じなので愛車には
    スタッドレスを準備していませんが、いざと言う時は
    相棒に送迎してもらっています。
    2008年12月16日 19:16

この記事へのトラックバック