愛車にGRP-TOを注入

愛車S2000のエアコンにGRP-TOを注入してみました。(115,624km)
GRP-TOの注入方法はオートプロジェクト京都さんのホームページ
に詳しく解説されています。

画像















低圧用カプラ
キャップにL(LOW)の表示がされています。

画像










GRP-TO
注入器やクイックカプラーのエアー抜き分を考慮して
まずはシリンダー内にGRP-TOを15cc充填しました。

画像










エアー抜き
カプラーをつないで先端からGRP-TOが出てくるまでエア抜き
15ccをコンプレッサーに注入するとして、エア抜き用に8cc
都合23ccのGRP-TOが必要でした。

画像










クイックカプラー
エアコンの低圧側にクイックカプラーをセットします。
セットする前にエアーの混入を最小限にするために
サービスバルブの接続口にGRP-TOを1ccくらい満たしておきます。
バルブダイヤルをOPEN側(右回し)に回していくとサービスバルブが
開きGRP-TOを注入できる状態になります。

画像










セット完了
エンジンを掛けてエアコンの冷房を入れます。
注入器をゆっくり回してGRP-TOを注入します。

画像










注入完了
注入が完了したらクイックカプラのダイヤルを左に回して
サービスバルブを閉じます。
クイックカプラーを取り外して

画像










元通りにキャップを取り付ければ完了です。
これで良いの!と思うくらい簡単に注入できました。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック