ミシュランPS3初期インプレ

先日、ミシュランPS3に交換したCIVIC TYPE-Rの初期のタイヤインプレ

画像









タイヤ交換中に外したタイヤ(POTENZA RE070)単体と
ホイールに組み付けたミシュランPS3を持ち比べてみると
ほぼ同じくらいの重さ
ブリヂストンはサイドウォールをガチガチに固めタイヤ自体の
重量が重くコンパウンドでグリップを稼ぐと言われています。
ミシュランはタイヤ全体のバランスと構造でタイヤの挙動を
吸収して総合性能に優れ軽いと言われています。
タイヤ交換直後の感想は車の走り出しの軽さに驚き
とにかく軽いのでエンジン回転を上げても加速感があまりない!
それでもスピードはちゃんと乗っているのです。
タイヤの突き上げや走行音も緩和され静かになり別の車に
乗っているのでは?と錯覚するほどです
5年使用したRE070と新品PS3との比較ではあるものの
その違いを差し引いてもミシュランの軽さとバランスに感激
ミシュラン信者ではありませんが、ブリヂストンと比較して
リーズナブルな価格も含めミシュランタイヤも良いなと思います。
タイヤの馴らしが終わったのちは、ドライ&ウェットグリップや
ブレーキ感覚、コーナーリング特性や応答性を確認していきましょう


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック