東名高速道路をまったり走る

先日タイヤ交換した相棒の愛車で釣りに出掛けました。
ブリヂストンのサイトによるとタイヤの馴らしは
「80km/h以下で100km以上走行してください」とのこと
そこで東名高速道路を80km/hで走り焼津へ向かいました。
途中、遠州豊田PAに待機していたパトカーが後ろに迫ってきました。
「80km/h走行ですが、何か?」
80km/hで走るCIVIC TYPE-Rがよほど珍しかったのか
横に並んでこちらを見とりましたわ。
いつもは見えない景色が見えてきます。
トラックなども80km/h以上の速度で走っていることが多く
制限速度を守っているのはタンクローリーくらい?
80km/h走行だと同じペースを保って走ることができるので
案外、楽かもしれません。
目を三角にして追い越し車線をびゅんびゅん飛ばす車がアホに
見えてくるから不思議、普段はまだかもアホな走り方をしてるのかな
浜松西IC~焼津IC間66.9kmを平均80km/hで走ると約51分
平均100km/hで走ると約41分、ちなみに違反速度120km/hで
走ると約33分、それぞれ10分、8分の差をどう感じるかがリスク
管理能力の差なんでしょう
高速道路での悲惨な事故を見ると、たかが10分程度の時間の
ために、大きなリスクを背負って走ることは愚かです。
そう言えば下り線の袋井IC手前に速度取締機のHシステムが
あるのですが、袋井ICの直前にもループコイル式の速度取締機?
を発見しました。
過去に取り付けたものが残っているのか、それとも新設なのか
不明ではありますけど、測定ポイントの白線が真新しく見えたのが
気になりますね

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック