高回転型エンジンに低粘度オイル

エンジンオイルの消費は正常? 愛車はオイル補充で0W-25の粘度になっている訳ですが、先日1千km帰省をしてきたので低粘度オイルをインプレッションしてみます。S2000にはこれまで純正ウルトラマイルド10W-30とアリシン0W-30を入れているので、オイルインプレはアリシン0W-30との比較をしてみることにします。低速(~40km/h)中速(~80km/h)の加速感は僅かながら良くなっているよ…

続きを読む

エンジンオイルの消費は正常?

アリシンオイルのインプレッションからのつづき 初期型AP1のS2000はエンジンオイルの消費が多いと言われていましたが、AP2は対策が施されされたと聞いていました。数日前からオイルレベルを確認するたびにレベルゲージの下から二目盛り位のところにあったもののエンジンを切った直後だったので、オイルが下がりきっていないからと思っていました。そこで今日はエンジンを掛ける前に確認すると下から二目盛り、やは…

続きを読む

アリシンオイルのインプレッション

愛車のエンジンオイルチューン?からのつづき アリシンオイルの0W-30に交換してから5千kmを越え、1千km帰省も2回こなし、少ずつオイル特性が解かりかけてきたところです。新車充填純正オイル10W-30との比較ですが、通勤程度の走りでの変化ほとんど解からずアイドリング時の雑音が少し減ったかなと感じることと、燃費が約2%アップしている位です。連続4時間高速走行では純正オイルでは熱ダレを感じていま…

続きを読む

相棒の車のオイルインプレ

相棒の車も5W-20の低粘度へからのつづき 今回オイルブレンドの勘違い!に気付いたのは、相棒の車(ナディア)のエンジンオイルを0W-23(本当は0W-15だった)から5W-20へ高温側の粘度を下げた割には、吹け上がりがいまひとつだったことがきっかけでした。10W-30から徐々に粘度を下げてきて変化の度合いを感覚的に把握していたのに、何故か前回より調子がよろしくなかったのです。0W-15のリニア…

続きを読む

オイルブレンドの勘違い?

まだ足りない?エンジンオイルの低粘度化からのつづき 相棒の車のオイル低粘度化ブレンドで、どうやら粘度の勘違いがあった模様です。0Wを50%と10W-30を50%のブレンドでで0W-23くらいの粘度だとばかり思っていたのに、ワコーズのオイルブレンディングチャート図を入手して、動粘度を確認してみると0W-20より軟らかい粘度になっていたのでした。(およそ0W-15 くらいかな?)アリシンオイルは粘…

続きを読む

愛車のエンジンオイルチューン?

前車のエンジンオイルは2t を超える車重に4速AT仕様、4速のギヤ比はオーバードライブ設定であるため、高速走行でオーバードライブのまま如何にアクセルにリニア反応して加速していくかを目標に、エンジンオイル(以下オイル)の低粘度化を図ってきました。最終的には5W-20まで低粘度にして、まずまずの加速感を味わえましたが、本当は0Wまで試したかった訳で車を乗り換えなければ絶好のテスト材料でした。今回の愛…

続きを読む

愛車の1,000km点検

順調に距離を延ばし先日愛車の1,000km初回点検を受けました。特に異常もなく(当り前か)点検を終了し、と言っても1,000km点検なんてエンジンルームをささっと覗いて、点検簿はメクラチェックしたとしてもオーナーには分かりません。相変わらずマニュアルミッションの入りは渋く、2速、3速、5速で感じる引っ掛かりは解消されずチェンジするたびにガジっとギヤを削っているように感じてしまいます。「まだ、初期…

続きを読む

相棒の車も5W-20の低粘度へ

まだ足りない?エンジンオイルの低粘度化からのつづき 今日は久しぶりの有給休暇休!ゴールデンウィークに備えてのんびりしようかと思いましたが、相棒の車のエンジンオイルがそろそろ交換次期に近づいています。結局人間の休養ではなく1千km帰省に備えて車のエンジンオイルを交換することにしました。現在の低粘度化はたぶん0W-23くらいになっているはず?今回は80lm/h~100km/hでのトルク感の改善を目…

続きを読む

AT-Mフルード漏れ止めテスト結果

AT-Mフルード漏れ止めテストからのつづき ウィンズのAT-Mフルード漏れ止め剤トランスミッション・ストップ・リークを投入して約二ヶ月が経過しました。漏れ止め効果を確認してきましたところ、オイルパンのパッキン付近から漏れていたフルードは若干ですが、少なくなりました。パッキンを交換するのが本来の修理ですが、ミッションオーバーホール後漏れが発生した時に一度パッキン交換をしており、今回はケミカル剤を…

続きを読む

三漏れ状態

AT-Mフルード漏れからのつづき 以前ATミッションをオーバーホールした後、フルード漏れが発生したのでオイルパンのパッキンを交換してもらい修理したはずが、結局直らず漏れたまま2年が経過してしまいました。じわりじわりと漏れているので走行には支障が無いため、そのままフルードを補充しながら乗っているわけです。漏れた分を補充しながら乗っているのでフルードはいつも新油の状態?ミッションはすこぶる調子がい…

続きを読む

5W-20オイルの高速インプレ

オイル粘度を5W-20まで下げたところで高速走行(80km/h~100km/h)での感触を先週末に試してきました。高速走行では特にエンジンノッキングがひどくチェックエンジン警告灯が頻繁に点灯していて、アクセル操作には気を使うことが多かったです。今回オイル交換をしてからは比較的ノッキングが緩和され警告灯が点灯することはありませんでした。燃焼室内のカーボン付着が原因であると予測していたため、低粘度オ…

続きを読む

未知の領域5W-20

0W-27からのつづき 愛車のエンジンオイルは8千kmを走り妙に焦げ臭いにおいが気になるようになってきたので、オイル交換をすることにしました。低粘度にするとオイル消費が増えそうですけど、今回はアリシンオイルのブレンドチャートにある0W-20を80%と10W-30を20%の5W-20の粘度で試してみることにしました。高温側が20のオイルは初チャレンジなので、オイル皮膜が薄くなり燃焼室からの吹き抜…

続きを読む

エンジンノッキングの原因

ノッキングがひどいからのつづき 結局!イグニッションコイルの交換ではノッキングの解消ができませんでした。ハァ~一般的に言われているエンジンノッキングの原因は1)不適正な熱価のスパークプラグの使用2)燃焼室内のカーボン堆積3)燃料のオクタン価が低すぎる4)トランスミッションギヤの選択が不適正5)エンジンのオーバーヒートなどがあります。11年落ち18万km走行している愛車を考えると、2)のカーボン…

続きを読む

まだ足りない?エンジンオイルの低粘度化

気温が上がりエアコンを使う季節になると、今までリニアに反応していたエンジンも何となく重たい感じになってしまいました。・・・と言うことは、まだ低粘度化の余地が残っていることになります。(単純な発想だ!)今回もブレンドチャートに無い0Wを50%、10w-30を50%で混合してみました。オイル粘度で言えば0W-23くらいになるのかなぁ?低速(~40km/h)と中速(~80km/h)の加速感はかなり改善…

続きを読む

0W-27?

愛車の低速(~40km/h)、中速(~80km/h)での加速感を改善するため0Wを34%まで増やして低粘度側にもう少し振ってみました。およそ?0W-27?くらい?どんぶり勘定ではあるが粘度は下がっていると思う。加速感は0W-29?とほとんど変わりが無いのですが、エンジンオイルが温まってくると、吹け上がりが少し改善された感じがします。高速(~100km/h)でのアクセルに追従するリニア感は?じゎ~…

続きを読む

加速がつらい

通勤では市街地半分・郊外半分の走行パターンで、エンジンの吹け上がりが重たいと市街地での信号でのスタートが辛くなります。10W-30の27%を0Wに入れ替えてブレンドチャートにはない混合比率にしてみました。恐らく0W-29くらいかなぁ?低速(~40km/h)、中速(~80km/h)では重たかったエンジンの吹け上がりが少し改善された感じはしますが、アクセルに追従するリニア感には程遠いです。高速(~1…

続きを読む

愛車でもオイルブレンドを試してみよう

抜いた廃油を愛車で試すからのつづき 廃油を入れた愛車は1千kmで機嫌が悪くなったので、いよいよアリシンオイルの新油を入れてブレンドしていくことにしました。車の諸元はイスヅ V型6気筒 3,200cc DOHC 176,000km走行で今までのオイル管理は良好とは言えず若干のオイル上がりが認められます。新車の時から5千km走行で300cc程のエンジンオイルを消費しており、今は7千kmのオイル交換…

続きを読む

更なる低粘度化

オイルブレンド比率を少々変更からのつづき 相棒の車をアクセルの踏み加減にリニアに反応するように、更なる低粘度化を目指すために、次なるオイルブレンドを試してみました。7千kmで交換したアリシンエンジンオイルは、これまたブレンドチャートにない混合比率で10W-30を63%+0Wを37%にしてみました。恐らく0W-25?くらいの粘度と思われるのですが、元々どんぶり勘定で混ぜ合わせているので、比率は半…

続きを読む

抜いた廃油を愛車で試す

オイルブレンド比率を少々変更からのつづき 愛車のオイルは交換後7千km走っておりそろそろ交換かなぁと考えていて、面白いことを思い付きました。相棒の車もオイル交換後7千km走ったので廃油を自分の愛車に入れたら違いは分かるのか?車は違うが同じ距離を走行したオイルを入れ替えたらどうなるのか試してみたくなったのです。科学的なデータがあれば一目瞭然ですが、それは無理なので自分の感覚を信じるしかありません…

続きを読む

オイルブレンド比率を少々変更

オイルブレンドをアリシンで試すからのつづき エンジンオイルの粘度を0W-30で半年間試してみようと思ったのですが、高速でのリニア感に不満がつのり、結局もう少し調整してみることにしました。次のブレンドはチャートにない混合比率で10W-30を73%+0Wを27%のやや半端なブレンドですが、これは0Wを1クウォートボトルの残りのオイルを入れたためです。粘度で表すと0W-27位になるのではと考えている…

続きを読む

ATFの交換

オイルブレンドをアリシンで試すからのつづき 走行距離が5万kmを超えた相棒の車のオート マチック トランスミッション フルード(ATF)を交換することにしました。AT-Mはデリケートな部品らしくフルードの交換により調子を悪くしてしまうこともあるようです。カー用品店では2万km(下抜き)での交換を推奨している店もあります。自動車ディーラーでフルード チェンジャーによる全量交換と言う手もありますが…

続きを読む

オイルブレンドをアリシンで試す

相棒の車でアリシンオイルを試すからのつづき 高速道路の100km/hまでのリニアなアクセル反応を目指してオイルブレンドを始めてみることにしました。最初はブレンドチャートに従って10W-30(3,700ml)の555mlを抜いて同じ量の0W粘度のオイルを補充し0W-30の粘度にしてみました。10W-30が全体量の85%・0Wが15%の割合です。ちょうど高速道路約1千kmの実家帰省が控えていたので…

続きを読む

相棒の車でアリシンオイルを試す

アリシンオイルのラインナップからのつづき アリシンオイル初挑戦としてまずは相棒の車で試してみることにしました。車の諸元はトヨタ 1AZ-FSE 直列4気筒1998cc DOHC のエンジンで挑戦当初の走行距離は約4万3千km エンジンオイルは自分で交換しておりC社5W-30を入れていました。月に一回往復約1千kmの高速走行をするので高速道路での扱いやすさを目指してオイルブレンドを考えていますが…

続きを読む

アリシンオイルのラインナップ

エンジンオイル-アリシンからのつづき アリシンのエンジンオイルはプロドライブ21(ProDrive21)と言う銘柄でクォーターボトルで販売されています。(1クォートは946ml入っています)粘度は0W、0w-20、10w-30、15w-40、20w-50の5種類がありプレンドチャートに従いオイルを混ぜることにより好みの粘度を造りだすことができます。レース用であるためSM/GF-3などのAPIサ…

続きを読む

エンジンオイル-アリシン

1リッター1,000円以下の【エンジンオイル】しか入れたことのない私がある日とても興味ある一品に出会ってしまいました。それは「アリシン」オイルと言いF1レースでも使われているとか?私が出会った当時は1クォート1,470円、最近は原油高の影響などで3,000円に値上がりしましたが、それでも使わずにはいられないオイルです。このオイルの面白さは自分の好みの粘度にブレンドできるということです。これにより…

続きを読む

代車

今日は愛車を修理に出して代車を借りていたのですが、普段はクロスカントリー4WDの座席位置が高い車に乗っているので、代車の軽自動車の視線は非常に新鮮な感じです。出足もいいしハンドルさばきも軽快だし普段の足にはぴったりなのかもしれません。わたしの短気な性格だとこのような車に乗ってしまうと、どうしてもちょこまか走り回りたくなり落ち着きがなくなるのです。やはり車重が重くてアクセルを踏んでも出足が悪くて、…

続きを読む

オイル交換は大切です

楽しいオイル交換からのつづき エンジンオイルの交換頻度はオーナーの考え方で様々だと思いますが、わたしはオイル交換頻度は部分合成油7,000キロ、全化学合成油8,000キロから10,000キロで交換しています。愛車は16万キロ走行していますが購入当時はそこそこの鉱物油を10,000キロで交換していて、今はそのツケらしきものが回ってきています。ハイドロリックラッシュアジャスター(通称HLA)を使用…

続きを読む

楽しいオイル交換

初めて車を購入した時からエンジンオイルは自分で交換していますが、カー用品店などのサービス会員になると手頃な値段でオイル交換をしてくれます。わたしは他人にオイル交換をしてもらって何か不具合があると、不具合と言っても大したことではなくオイル量が少ないとか、多すぎるとか、何だかエンジン音が変だとか、難癖を付けたくなるので自分自身が納得するために実行しています。車を整備するピットなど持っていないのでエン…

続きを読む

エンジンオイルはコストパーフォーマンスが大切?

愛車のエンジンオイルを部分合成オイル国産カストロール5W-30からカストロール5W-50のインポート物に変えてみました。全化学合成オイルで1クオート870円という安さ?に惹かれ購入してみましたが、いくら16万キロ走行している車とは言え少し粘度が高すぎたようで、ストップ・アンド・ゴーの多い市街地ではエンジンの回り方が重たく感じます。高速道路に入るとエンジン音の静粛さが際立つのですが、追い越し加速の…

続きを読む

エンジンオイル添加剤

賛否両論のあるオイル添加剤ですがわたしはどちらかと言うと肯定派寄りの実践派です。添加剤とはエンジンオイルに配合されているものではなく後から入れるものを指していますが、今までに3、4種類の添加剤を試してきて現在使用しているものが添加後の変化を感覚的に一番大きく感じています。変化を大きく感じているとは言っても劇的変化ではなく例えば高速走行で、がさつな感じで回っていたエンジンが上品な感じになったり、エ…

続きを読む